健康指導法 「ねらい」の考え方を保育の場でどのように達成していくか、自らのアイデアを述べなさい。レポート評価【B】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数380
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ねらいと内容との関係は、内容はねらいを達するための具体的な指示事項と考える。言い換えれば内容を経験することでねらいが総合的に身につくといえる。
     内容(1)先生や友達と触れ合い、安定感をもって行動するためには、信頼関係を結ぶことが大切である。保育者は1人1人の子どもと関わりながら、どのようにして安定感をもつようになるかをとらえ、しっかりと見守り、受け止めることが必要である。大人もそうであると思うが子どもも自分の存在を肯定的に受け入れられると感じられるとき、いきいきと行動し、自分の本心や自分らしさを素直に表現するようになり、その結果、意欲的な態度や活発な体の動きを身につけていくと考える。
    内容(2)いろいろな遊びの中で十分に体を動かすためには、幼児が自然に体を動かしたくなるような環境を工夫することが大切である。また幼児期は身体の諸機能が著しく発達する時期である。訓練的な遊び以外でも、幼児の興味の広がりに沿って展開するさまざまな活動を通して、十分に体を動かし、活動意欲を満足させるような活動を積み重ねていく。
    内容(3)進んで戸外で遊ぶためには、保育者が積極的に近くの公園に出かけることを提案..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。