環境指導法 数量と図形は幼児の日常生活の中で、何時、何処で、どのように指導できるか考察せよ。レポート評価【B】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数350
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもたちは、保育室内に貼られた掲示物、おもちゃ箱に書いてある文字、時計、カレンダーなどで自然にいろいろな言葉や数、図形に触れている。自分の生活に密着しているところから覚えていくため、園生活の中ではたくさんの言葉や数、図形に触れることが大切である。保育者はこれらを勉強として教え込むのではなく、『数字は記号として便利なもの』、『楽しいからもっと知りたい』と思えるよう、自然に身につけさせていきたいものである。『言葉や数、図形が楽しい』と思ったらぐんぐん理解できるようになる。
    例えば文字や数字だけが書いてあるよりも、それらを表す絵が一緒に描いてあることで、子ども達は人目で何のことか理解でき、興味関心..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。