「なぜ環境による保育が幼児教育では求められるのか述べよ。」(幼児理解)A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,228
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    幼児理解、A判定です。
    とくに訂正箇所もなく、所見においても、「序論(問題提起)の中で筋立てをし、それに添って本論・結論が構成されているので、たいへん読みやすいレポートになっていると思います。」と書かれていました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「なぜ環境による保育が幼児教育では求められるのか述べよ。」
     環境による保育とは、子どもが自らやってみたくなる状況作りである。わが国では乳児期における集団施設保育の基本を「環境による保育」としている。幼稚園教育要領において、幼稚園は「幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする」とある。また、保育所保育指針では、「子どもが、自発的、意欲的に関われるような環境の構成と、そこにおける子どもの主体的な活動を大切にし、乳幼児期にふさわしい体験が得られるように遊びを通して総合的に保育を行うこと」とある。子どもの主体性、自発性を伸ばすことがこの時期の保育のあり方である。
    具体的にこの環境とは、物的環境(施設・設備など)、人的環境(保育者や子どもたち・地域の人)、自然・社会事象(それらが関連しあってかもし出す雰囲気、時間、空間)である。なぜこの環境による保育が幼児教育で求められるかを、①幼児期の特性・生活、②遊びによる総合的指導、③発達に即した保育、という点にふれて述べていく。
    ①幼児期の特性・生活
    幼児期の子どもは保護者や他の子どもや家族以外の人々の存在に気づき始め、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。