「保育」とは何かについて論ぜよ。(保育原理)A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,130
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    保育原理、A判定です。
    「養護的な営みの中に教育的作用が含まれ、教育的働きかけの中にも養護的要素が含まれている事は、非常に重要です。」と、この文言が入っていることを評価いただきました。
    また、「さらに指針の第3章を読んで教育とは何か、養護とは何かを論述すればさらに良くなると思います。」とのお言葉も頂きました。
    サポート校のこの教科の先生によれば、返却されたレポートの評価を見ると、さほど内容のレベルが変わらないレポートでも、評価をする先生によってだいぶ評価が分かれる教科のようです。
    きっちりポイントを押さえてレポートを仕上げることが重要になるようです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「保育」とは何かについて論ぜよ。
     「保育」という言葉から一般的に連想されるものは、保育所・幼稚園・託児所・ベビーシッターなど、集団施設保育や個人的に子どもを預けることがほとんどである。このため、広義的な集団保育・家庭保育の両方を含むものという認識よりも、集団保育の場である保育所、幼稚園において専門の教養を修め資格を有した保育者による乳幼児の保護養育を称するものという認識の方が一般的である。
    「保育」という言葉の持つ意味は、乳幼児を適切な環境下で、健康・安全で安定感をもって活動できるように擁護し、心身を健全に発達させるように教育することである。
    「保育所保育指針(平成20年告示)」第1章総則の、「保育所の役割」の中に、「保育所は、その目的を達成するために、保育に関する専門性を有する職員が、家庭との緊密な連携の下に、子どもの状況や発達過程を踏まえ、保育所における環境を通して、養護及び教育を一体的に行うことを特性としている」とある。そして、「保育の原理」の「保育の目標」には、「保育所は、子どもが生涯にわたる人間形成にとって極めて重要な時期に、その生活時間の大半を過ごす場である。このため、保..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。