「クラシックの代表的作曲家と、クラシック音楽の保育・教育等の現場での活用方法について述べよ。」(音楽基礎Ⅰ)A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,579
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    音楽基礎Ⅰ、A判定です。作曲家はベートーヴェンを選択しました。
    所見には、「簡潔・明瞭に大変よくまとまっています。設題の2つの課題とも、十分に考察されていました。特に、与えられた設題を順に回答するのではなく、全体として一つのまとまりを持たせた文章構成になっている点は素晴らしいです。大変結構でした。」とありました。

    サポート校の先生の全員へのアドバイスとして、作曲家について述べていく際に、女性関係等ゴシップ記事のような内容にならないようにと注意がありました。その注意を払っていても、まだゴシップめいた内容の人が多く、サポート校での添削の段階で、だいぶ直しが入っている人が多かったようです。
    また、後半の保育・教育等の現場での活用方法については、「活用方法」であることを意識して、BGMとして流すことをメインに、場面に合わせて曲をかけるという程度の簡単な内容で終わらせないことが大事だそうです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「クラシックの代表的作曲家と、クラシック音楽の保育・教育等の現場での活用方法について述べよ。」
     「クラシック」とは古典を意味する言葉である。「格式のある」という意味でも用いられ、文学、音楽などの芸術作品や服装、行事に対して用いられる。各分野において、歴史的に長く、評価の定まった物事を指して「クラシック」と呼ぶ場合もある。
    「クラシック音楽」は、14~16世紀のルネサンス音楽を始めとし、17~18世紀中期のバロック、1730年代から1810年代まで続いた古典派、19世紀のヨーロッパを中心とした前期ロマン派・後期ロマン派、同じく19世紀中頃から20世紀にかけてロマン派の流れの中にありながら独自の民族主義的音楽を作った国民楽派、19世紀末頃から第二次世界大戦の終わり頃の近代音楽に分類される「西洋の芸術音楽」である。
    初期のクラシック音楽は他の音楽と比較して、使用される楽器の種類が多い上に音域も広く、全ての音楽の基礎とされている。クラシック音楽に対する一般的なイメージは、堅い・難しそう・退屈・高尚といったようなものであるが、意外と身近なところに存在する。例えば、テレビのドラマやバラエティ番組..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。