子ども家庭への相談・援助活動について述べよ(児童家庭福祉)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,489
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童家庭福祉、B判定です。同じサポート校に通う人たちによれば、この教科も難しく、A判定の方が少なかったようです。添削されて返却されたレポートの通り、訂正した内容になっております。

    追記
    この教科の添削はとても厳しいようです。ほかの方のレポートの添削も見せてもらいましたが、やたらと赤ペンが入っていました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「子ども家庭への相談・援助活動について述べよ。」
     かつて日本では、親子三代三世帯にその他親族を含めた家族など、大家族というのは当たり前であった。付き合いや助け合いなど、親族と地域社会の互助を前提として、地域で子どもを見守り育てるというのがどこにでもある姿であった。しかし近年では、経済的理由や女性の社会進出と高学歴化等による非婚や晩婚、育児に対する心理的・金銭的負担などに起因する少子化や核家族化が進んでいる。世帯構造は多様化し、高齢者世帯、単独世帯、離婚の増加とともに増えている一人親世帯など、一世帯あたりの人数も少ない。
     また、都市化による地域の人間同士のつながりの希薄化も著しく、核家族化と相まって、孤立した育児環境で誰にも相談できずにいる家庭が多い。このことは社会的に問題視され、『弧育て』と言われることもあるなど、家庭の養育機能が弱体化していることがわかる。
     児童家庭福祉は、誰にでも起こり得るような子育てへの迷いや悩みに対して相談・援助するものであり、何か特別な事情を抱えている子どもや家庭だけを支援するものではない。
    「ウェルビーイング」の概念を持つ児童家庭福祉の取り組みとして、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。