人権教育の現状と課題について考察するとともに、学校における人権教育のあり方についてあなたの考えを具体的に述べよ。(人権教育 (子どもの人権を含む))A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,516
ダウンロード数48
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人権教育(子どもの人権を含む)、A判定です。サポート校の同級生によると、ほとんどA判定がいなかったそうです。自信がなかったレポートですが、なんとかA判定をいただけたので、少しはお役に立てるかと思います。
    参考文献は3冊ほど書いておりますが、ほとんどがある1冊により書けたといってもイイくらいなので、参考文献の参考ともしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人権教育の現状と課題について考察するとともに、学校における人権教育のあり方についてあなたの考えを具体的に述べよ。」
    人権とは「人間として生まれた全ての人に法的に認められる権利」であり、人権教育とは人権侵害の現実に憤りを持つ人々を出発点として取り組まれてきた、人権を尊重しつつ人権について説く教育を指す。
    こういった教育実践は古くから世界的に行われ、戦前の日本においても、部落差別をなくすための教育運動が展開されていた。戦後は人権を守るために教育が果たすべき役割がより重視されている。
    ここでは人権教育の現状と課題について考察していく。
    日本の人権問題は同和(部落)問題・感染病・外国人・女性・同性愛者・いじめなど、様々な問題が挙げられる。その多くが誤りのある意識や考えによるものであり、社会生活の場において不快な思いをすることや不利益を受けるなどの問題がある。
     また、人権問題は世界の至る所で起きており、各国の政府も人権に関わる多くの条約を批准してきたが、そのほとんどが市民にあまり知られていなかった。これらの条約が机上の空論では意味がないため、人権侵害被害者の救済機関を設けることと併せて市民が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。