法学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数134
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    刑法解釈社会電気法律法学国家理解技術自由

    代表キーワード

    法学刑法

    資料紹介

    法の解釈について、具体的事例を挙げながら論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の解釈とは、実定法に含まれている法規範の意味を明確にする作業である。なぜなら、法規は、抽象的かつ一般的に法としての規範的価値を文字で表現しているにすぎない。そのため、具体的事件が生じたときに、解釈によって法の規範的意味内容を導き出す作業が必要になるからである。
    法の解釈については概念法学的解釈理論と自由法論的解釈理論の2つの理論で争いがある。前者は、成文法万能の思想であり、専ら法規の概念に依拠して形式論的に法を解釈適用する立場である。後者は、成文法の欠陥を認めて法典万能主義を排撃し、社会生活の実現を重視し、法規の解釈をできるだけ形式論的に拘束されず自由に事実に適合させるように解釈適用する立場である。前者は法的安定性、後者は社会生活の実際に重点が置かれている。しかし、どちらかを採用するのではなく両者の解釈の調和を図ることが必要である。
    法の解釈技術の方法として、まず有権解釈と学理解釈に大別される。学理解釈は、さらに文理解釈と論理解釈とに分けられる。そして、論理解釈には拡張解釈・縮小解釈・補正解釈・反対解釈・類推解釈・勿論解釈などの種々の解釈方法がある。
    有権解釈とは、憲法・法律等によっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。