法学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数208
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    民法経済社会労働問題近代市民自由平等

    代表キーワード

    民法法学

    資料紹介

    いわゆる「近代市民法」について論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近代市民法とは、近代市民革命を経たヨーロッパ大陸の諸法典に影響を受けて成立した、近代市民社会における一般市民の社会生活を規律するものである。
    近代市民社会は、有産市民階級であるブルジョアジーによって形成された資本制社会である。近代市民社会が形成される以前は、封建制度から成る封建社会であった。封建制度とは、君主が、臣下の諸侯に土地を分けあたえ、諸侯はその領域で専制政治を行う制度、とある。つまり、封土の代償として、絶対的服従を強制することで成立する社会制度である。ブルジョアジーは、この封建社会から脱却し、自由や平等の獲得を目指し独立を図る為、封建的支配者から権利を奪う革命を行った。これが、近代市民革命(ブルジョア革命)である。代表的なものに、イギリス革命やフランス革命が挙げられる。
    自由を基調とする革命であることは、資本主義への発展を意味するものでもあり、近代市民法は資本主義経済体制の法であるといえる。
    近代市民法の特徴として、所有権絶対の原則、契約自由の原則、過失責任の原則の三大原則が挙げられる。まず、所有権絶対の原則とは、自らの財産は自らの意思によって自由かつ全面的に使用、収益、処分を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。