行政法1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数163
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    行政行政行為法律行政法権利裁判無効権力訴訟内容

    代表キーワード

    行政法

    資料紹介

    行政行為とはどのような行為か。これにはどのような効果が認められるか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政行為とはどのような行為か。これにはどのような効果が認められるか。
     行政行為とは、行政庁が法令に基づいて、一方的に国民に対してその権利・義務を具体的に変更する法的行為をいう。
     行政行為は、その内容が行政庁の意思表示を有するか否かによって、法律行為的行政行為と準法律行為的行政行為に分けられる。
    法律行為的行政行為とは、行政庁が意思表示を持ち、これを外部に表示することによって成立する行政行為である。例えば、違法建築の除去命令、租税の賦課処分などである。また、法律によって行政庁に行政裁量が認められることが多く、その範囲内で附款を付け、行政行為の内容や効果を制限できる。
    法律行為的行政行為は、命令行為と形式行為に分けられる。命令行為とは、国民に対して作為義務・不作為義務を命ずる行政行為であり、下命・許可・免除がある。命令行為の違反、例えば運送事業を無許可で行ったような場合には、刑罰が課されるが命令的行為に違反する法律行為そのものは原則として有効とされる。これに対し形成的行為とは、国民が本来有していない法律上の権利・能力・その他の法律上の地位を設定し、変更・消滅させる行政行為をいい、特許・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。