S8105理科教育法2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数242
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格済みのレポートです。
    参考資料としてお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもたちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。」
    2、そのうちの1つの観点から、あなたの居住している地域の自然を教材化した事例(展開例)を示せ。」
     
     1、日本の国土は南北に長い孤城列島である為、四季に恵まれており、北と南では亜熱帯気候帯から亜寒帯気候帯にまで広がっている。又、日本海側と太平洋側、山間であったり海沿いの地域であったりでも気候が異なってくる。その為、そこに存在する自然や自然現象、特に動物や植物の種類は地域によって異なり、実に変化に富んでいる。だが、自然を対象とした理科教育は、この変化を生かした地域の自然を教材化せず、全国何処へ行っても同じ素材を使用して行われている。確かに、全国的教育水準の確保や発達段階に合わせた教育内容の的確性といったことを踏まえると、全国で同じ素材を使うということの必要性はわかるが、しかし、先述の通り、日本では地域ごとに気候や自然の違いがあり、それぞれの地域の自然を理科教材として使用することが必要となってくる。
     さて、ここから「地域の自然」を教材化する必要性を、「子どもの自然の認識」と「理科教育・環境教育の目的」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。