日本法制史-江戸の離婚

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数735
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本法制史江戸離婚三行半

    代表キーワード

    日本法制史

    資料紹介

    優、A評価。江戸時代の離婚について。教科書準拠。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本法制史
    設問:江戸時代の離婚について
    1)江戸時代の法体系では、武士の婚姻・養子
    縁組に、主従関係維持のため藩や幕府が干渉し
    た例に見られるように、武士と庶民とで適用さ
    れる法が異なることがあった。
     
    武士の離婚は、婚姻や縁組に較べれば厳しい
    規制がある訳ではなかったが、幕府や藩へ離婚
    にかかる協議が成立した旨を届け出る必要があ
    るとされており、あくまで協議離婚の体裁がと
    られていた。
    他方、
    庶民の離婚は、夫の専権的
    なものであると考えられていたが、近時従来の
    説について再検討を主張する見解が主張されて
    いる。そこで、この点に留意しつつ江戸時代の
    離婚を検討する。
    2)庶民の離婚は、夫が妻またはその父兄に対
    して、俗に「三行半」と呼ばれる離縁状を交付
    する方法により行われた。律おいても

    これにする離婚である「」があっ

    が、
    を行うためには、妻の「七
    出のと呼ばれるのいかが必要であ
    り、またとして夫はののを得
    たうえで「」をにすることが必要
    た。
     この点、
    の要すれば、江戸時代
    の三行半は
    、従
    説は「離婚にかかる権
    夫にある」というな専権離婚主捉
    えた。これによれば、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。