民法(債権各論)-転用物訴権

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数574
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    優、A評価。 判例の変遷をふまえながら、転用物訴権について論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法
    /
    債権各論
    設問:
     判例の変遷をふまえながら、転用物訴権について論じなさい。
    1)転用物訴権とは、「契約上の給付が契約相
    手方のみならず第三者の利得となった場合に、
    給付をなした契約当事者がその第三者に対して
    不当利得返還請求をすること」
    i
    と定義される。
     この転用物訴権について明文の規定はないが

    これを認めることは妥当だろうか。
    2)
    転用物訴権は、不当利得の法理を利用する
    ことで契約当事者以外の第三者に対する請求権
    を認めようとする議論である。そこで、まず

    当利得
    について考える。
     不当利得とは、
    「法律上の原因なしに他人の
    財産または労務により利益を受けている者が一
    方でいて、他方でそれによって損失を被ってい
    る他人がいるとき、前者から後者に対して利得
    を返還させる制度であ」
    ii
    り、この具体的な要件
    は、①一方に「受益」がある、②他方で「損
    失」が発ている、受益」と「損失」に
    因ある、れについて「法律上の原
    因」がないこと、のである。
     そして、不当利得は、
    財産法がのを
    さなったでする的な
    付けをなし得る。
     以上を
    ふまえ、転用物訴権が問なった2
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。