民法(債権各論)-請負契約と所有権

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数486
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    優、A評価。建物請負契約において、完成した建物の所有権は、注文者・請負人のいずれに帰属するか論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法
    /
    債権各論
    設問
     建物請負契約において、完成した建物の所有権は、注文者・請負人のいずれに帰属するか論じなさ
    い。
    1)物の製作・完成を目的とする請負契約にお
    いてはその製作物の所有権が誰に帰属するかを
    決しなければならない。建物建築契約について
    みれば、完成した建物の所有権は当初から注文
    者に帰すのか、それとも請負人に一旦帰属した
    後に注文者へ移転するのかが問題となる。
     この問題に対して、先に結論を示せば、そも
    そも請負人は注文者のために建物を作っており

    このような「注文者の所有となる建物を製作す
    るという仕事の他人性が請負人の給付内容の特
    徴」
    i
    である。
     
    したがって、請負契約の性質及び当事者の意
    思から考えれば、完成した建物の所有権は当初
    から注文者が取得すると解すべきである(注文
    者帰属説)。
    2)この点判例は、材料の全部または主要部分
    を注文者が提供した場合と請負人が提供した場
    合に分けて考えている。すなわち、これを注文
    者が提供した場合は、加工(
    246

    2
    項)の規定
    の適用はなく、所有権は原始的に注文者に帰属
    する(大判
    S7.5.9
    民集
    11..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。