西洋法制史(近代法典編纂)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数850
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ローマ法、古典法が近代法典編纂に与えた影響について(優)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    西洋法制史
    設問:
    古典古代法が近代法典編纂に及ぼした影響について
    1)
    国家の制定する体系的組織的な成文法規を法典といい、法典編纂とは起草
    から
    制定の過程をいう
    1
    。大陸法
    系諸国においては
    19
    世紀に大規模な法典編纂が行われたが(近代法典編纂)、これに古典古代法はどのよう
    な影響を与えているだろうか。この点、英米法系・大陸法系の近代化の概略を検討したうえで考察する。
    2)英米法系
     イギリスはノルマン・コンクエスト(
    1066
    年)により一挙に中央集権化したが、慣習法を尊重したため、独自の法
    が発展しローマ法の直接の継受は見られない。個々の事件で具体的重る法をとり、法
    典編纂は行われなかった。

    )大陸法系の近代法典編纂
     英米法発展のをら見れ中世において独自の法をできなかった諸国が、
    ローマ法をせざ
    るをいにあったともる。
    10

    12
    世紀、ボローニは『』を中を行い、
    ,を,フランスイ継受された。「このローマ法、続く西洋法
    的な点であ」
    2
    り、やがて、近代の成立に法典編纂が行われた。
     フランスではフランス(
    1789
    年)によるのにより法典編纂がし、
    1804
    年..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。