西洋法制史(ローマ法の継受)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数866
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ヨーロッパにおけるローマ法の継受について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    西洋法制史
    設問:
    ヨーロッパにおけるローマ法の継受について
    1)「ローマは三度世界を征服した」と言われるが、これは軍事力、キリスト教、そしてローマ法が歴史的にヨーロッ
    パの文化に多大な影響を与えたことを端的に示すイェーリングの言説である。この中でもローマ法はドイツ・フランス
    を中心に継受され、現代の法体系においても
    1
    つの法系を構成する影響力を有している。
    「法の継受」とは、ある国が他国の法制度を採用することであり、この場合に当該国家間に「法系」の関係が生じ、継
    受された法は「継受法」とよばれ「固有法」と対比される。以下では、ドイツにおける継受を中心にヨーロッパにおけ
    るローマ法の継受を検討する。
    2)ローマ人は
    、諸々の具体的事実から法的構成要を、してをすることにた民
    あり、のよりれた
    ローマ法は
    の構いにす合を有していた。
    ーマ法は、
    のと化を
    、と法法がにとしていが、

    がーマのをるから

    法のを
    し、これらを
    「」「法
    要」「」「法」に
    した。これら
    は以ローマ法の算
    と言ので
    あり、
    17

    フロよ「ローマ法大とけられた。
    がて
    ーマの法制は法とし、法をの影響を受け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。