刑事政策(罰金刑)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数397
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    罰金刑の現代的意義について。合格レポート(優)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    刑法
    /
    刑事政策
    設問:罰金刑の現代的意義について
    1)

    我が国の現行刑法
    は、財産刑として、主刑である罰金と科料、及び主刑を言い渡すときだけ科すことができる
    付加刑として没収を規定している(刑法
    15
    条、
    17
    条、
    19
    条)。このうち一定の金額を国庫に納入させることを内容
    とする刑罰である罰金と科料を合わせて「罰金刑」と呼ぶが、この罰金刑の現代における意義とはどのようなもの
    であろうか。
    2)罰金刑の刑事政策上の位置
    付け
    犯罪は多くの場合、
    直接的な被害者を伴う社会事象であり、社会から何らかの反動を受ける。このうち犯罪者
    に対する批判的な社会的反作用、すなわち、社会統制機関やコミュニティの「逸脱者である」という烙印付け(ス
    ティグマ)が、犯罪者のる逸脱のとられる(ラング)。これをとすれ「刑罰において
    スティグマをること」が現代の刑事政策においてなであるとれる。
    この罰金刑は、犯罪者の財産的をすることにより、その規意させ犯罪を
    刑罰である。のを伴わが財産的なものにされることから、スティグマをすることが
    であり、この機能にすれ罰金刑は現代の刑事政策上のに合た刑罰であると位置..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。