無意識-フロイトとユングの学説の概要

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数305
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    フロイトとユングの無意識に関する学説(概要)
    ※誤字修正版

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「無意識
    -
    フロイトとユングの学説の概要

    Ⅰ.問題
    設定
     
    フロイト

    Sigmund Freud, 1856

    1939

    による「無意識の発見」は、
    人間を理性の動物と考えるデカルト以来の
    合理
    論から新たな考え方へとシフトする大きな変化をもたらし、
    これにより多くの研究者が彼のもとで学ぶことに

    った。その研究者の1人であった
    ユング(
    Carl Gustav Jung, 1875

    1961

    は、後にフロイトと袂を分か
    つことに
    なった

     
    では、フロイトとユングの無意識
    に対する
    考え方は、どのような差異
    があった
    のだろうか。
    Ⅱ.フロイトの無意識
    1)フロイトは、
    神経症患者の治療経験の蓄積から、人間
    の心の中には気付こうとすればそれが可能である領域
    (前意識)のみならず、自分さえ気付くことができない抑圧された領域があると考えた。そして

    前意識より
    も更に
    深い部分であって
    、意識によって抑圧された反動のよりされる領域を
    「無意識」と、そのを性(ドとた。
     無意識それ自、いわば心域と領域の概あり、て意識化されることはない。や
    という形をとって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。