精神科医療の歴史的変遷

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数380
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本の精神科医療が欧米諸国と大きく異なっていた歴史的経過。
    ・ライシャワー事件
    ・宇都宮病院事件
    ・社会防衛思想
    ・法制史の概略
    ・引用文献表示あり
    ・補足資料つき

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課題)
    日本の精神科医療が欧米諸国と大きく異なっていた歴史的経過について
    Ⅰ.問題設定
    我が国の精神科医療は、
    精神保健法が施行される
    までは、
    障害者の治療を重視していた
    欧米諸国のそ
    れと大きく異なり
    、隔離的な入院措置が重視されていた。では、
    この歴史的経過はどのようなもの
    だったのだろうか。
    Ⅱ.ライシャワー事件以前
    1)
    18
    世紀までは日本

    欧米を問わず、精神障害に対する理解と研究が進まない状況にあ
    った
    が、欧
    米ではフランス革命期に
    Ph.
    ピネルが心理的療法を提唱し、「鉄鎖からの解放」と標れる
    精神障害

    治療というがした。

    S.

    E.
    ン、
    E.
    イラーのにより、精神
    医られた。
    期の我が国にては、精神障害者を隔離することがる対あった
    が、精神のをる事件をに精神法がされ
    た(
    1900
    。しかし
    、同
    法は、
    から
    を化
    する
    にとどまり、精神障害者の

    を欠
    いたであったた欧米
    の状況を

    「精神ノ

    により
    、的をされた。

    を、よる精神科の設置をする精神科法がされる
    ものの

    1919

    )、
    その
    はず、
    1935
    は入院
    22,..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。