特別活動研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数261
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程におけるレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動において学校行事が果たす役割を整理し、その特質をよく表していると思われる学校行事の活動例をひとつ示しながら指導する際に注意すべき点を具体的に説明してください。
     特別活動に求められているものとは、「生きる力」という理念を共有しながら、特別活動の「望ましい集団活動を通して」、「なすことによって学ぶ」という二つの指導原理(方法原理)を踏まえて、「自主的、実践的な態度を養う」という中心的、中核的な目標にどのようにして迫っていけばよいのか、子どもの実態や学年・発達段階をこれまで以上に細かく踏まえながら取り組んでいくことであると考えられる。
     特別活動の変遷の中で重要な点は、第2の教育改革といわれている戦後の1947年の学習指導要領において「自由研究」という教科として出発した側面である。ここには今回の改訂で重視されている。「探求」としての学習活動のねらいが見てとれる。特別活動が教科なのか、」教科外なのかということではなく、「自由研究」として出発した側面に今一度、焦点を当てる必要がある。「探求」としての「自由研究」には「深く考える」という学習としての柱あったはずである。
     「こどもたちの資..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。