小児保健

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数247
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    参考文献を全て読み、小児の事故を分析、どうしてその事故がおきるのか、その予防策をまとめました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     乳幼児の主要死因に不慮の事故がある。0歳児を除く1歳から19歳までの死因第一位は不慮の事故である。不慮の事故とは、防ごうと思えば防ぐことのできたかもしれない事故である。なので小児に多い事故を分析し、原因とその予防法について述べる。
     不慮の事故を防止する為には、保護者が乳幼児のそばについて、常に事故が起きないようにしていかなくてはならない。だからといって過剰に事故を警戒し乳幼児の活動を制限してしまって心身の正常な発達を抑制することがないように注意しなくてはならない。
     乳幼児の事故の多い理由として、心理的特性がある。これは、模倣心が強い為に危険な年長児の真似をしたり、まだ自分にはできないことをしようとしたりして事故が起きる。
     また、幼児は思考が未熟で経験も少なく、社会のマナーやルールといったものもまだ理解できていなく、また、制止する言葉も読めない為に危険なことをやったりしてしまう。
     そして、運動機能が未発達な為に、危ないと思っても体が動かなかったり、反応が遅い為に事故を防げない。
     事故の多くは、家事や、外出、お手洗い、外でちょっと手を離した隙等、母親が目を離した隙に起こることが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。