保体Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数333
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度 日本大学通信教育部の保健体育講義Ⅰの報告課題。合格済みです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■環境
     人間自身の体内環境である内部環境と、人間を取り巻く外部の環境である外部環境の大きくふたつにわけられる。外部環境は様々な要因が相互に作用し合い、内部環境に影響を及ぼしうる。
    ■内部環境
     主に血液や組織液などの、細胞を取り巻く内部の環境を言う。これらに最も影響が少ない条件を最適条件という。最適ではない条件下でも、一定期間その環境下に留まることで負担を感じなくなる適応能力がある。
    ■外部環境とは
    イ)物理的環境
     気温、気湿、気流、気圧、輻射熱、日照、降水量、音、放射線など、物理的エネルギーが要因となる環境のことを言う。複合して影響する気候要素は、肉体への影響の他、日照や降水量など農作物..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。