看護理論 テスト対策

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数3,066
ダウンロード数113
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    看護理論の基本事項のまとめ。
    ナイチンゲール、ヘンダーソン、ロイ、ぺプロウについて表にしました。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    看護理論
    理論家 人間 環境 健康 看護 キー概念 フローレンス・ナイチンゲール
    「看護覚え書」
    (1860) 疾病に対処しようと生命力のある回復過程にある個人。
    環境から影響を受ける存在で、自己治癒能力を持つ。 個人の生命と発達に影響を及ぼす全ての外的条件。
    新鮮な空気、清浄な水、適切な排泄、清潔、陽光、暖かさ、静かさの適切な利用が大切。 「病気とは回復過程」
    体調がよく、持てる力を最高に発揮できる状態。
    cf:病気・・・
    回復させようとしている過程 環境を操作し、自然が最も働きやすいような状態に患者を置くのが目標。
    患者の生命力の消耗を最小にするように生活過程を整えること。すなわち、回復過..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。