教育原論 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数86
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジョン・ロックの教育論における習慣形成と賞罰法について
    若い頃から医学に関心を持ち、その中で実証主義、経験主義の精神を学びとってきたジョン・ロックは、子どもは生まれつき成長する能力を身につけていると提唱するペスタロッチーとは異なり、生まれつき子どもは観念や原理などは備えてはおらず、経験(教育)によって観念や知識を得るという、経験主義的な理念を全面的に掲げ、感覚的訓練に始まり、そこから知識や観念を子どもたちが学びだすと説いている。また、有機的・内発的教育を理念にあげるペスタロッチーとは異なり、子どもの外部から諸概念を教育することで子どもを立派に育てるという教育万能論を後々提唱することになる。また、習慣形成による紳士教育の徹底により、規則を設け、子どもたちが、善い行いを自然に行えるような環境にし、また賞罰法によって精神的苦痛を味わい、理性を育成する教育を行ってきた。
    本稿では、特にロックの説いてきた教育論の一つである紳士教育論を説明していき、習慣形成や賞罰法について考えていく。
    まず、簡単にロックの基本的な教育理念を見ていく。最初に述べた通り、ロックは、子どもは生まれながらにして、観念や原..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。