学校保健

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数229
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保健

    代表キーワード

    学校保健

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題Ⅱ「あなたの勤務する学校の生徒が、麻疹に感染したと仮定して、その後の対応について考察しなさい。」
     麻疹は、麻疹ウィルスによる感染症で感染経路は飛沫感染、接触感染である。感染後10日程度の潜伏期を経て、カタル期には発熱や鼻水、咳嗽などの感冒様症状、特徴的な頬粘膜にコプリック班(発赤を伴う白色の斑点)が出現する。次に発疹期に耳後部から発疹が広がり回復期に色素沈着することがある。
    合併症には肺炎、中耳炎、まれに脳炎が発症する。また、1000人に1人死亡に至る。
    麻疹ウィルスの感染力は非常に強く、免疫がないと感染後ほぼ100%発症し、感染後は免疫がつくと言われている。
    麻疹は予防が大切であるが、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。