初等国語科教育法 2単位目合格レポート 明星大学 2011年度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,804
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    754 初等国語科教育法 明星大学 通信教育 合格レポート 2単位目

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題2
    国語科教師の役割と国語教室経営について、自分の考えをまとめましょう
    講評
    ・第1 話す聞く~第6 コミュニケーションまでテキスト通りではなく自分なりに考えること
    ・自分ならどう実践するのか具体的にまとめる
    国語科教師の役割は専門的な立場からよりよい言語環境を整え、国語教育の推進役として影響力を発揮することが期待される。国語科教師に指導力を期待する、喫緊の国語科教育が抱えている課題が6つある。
    第一に、話す・聞く力の育成だ。自分の気持ちを、どう表わしていいか分からない、こんな時に、使う言葉そのものが分からない、こんな子供が増えている。言葉の乱れは深刻であり、携帯電話やパソコンによるメールは、人と人との直接コミュニケーションの機会を減少させ、一方的な自己内対話による思い込みや誤解が、おぞましい事件を引き起こしている。過去最高を記録した児童生徒の暴力行為等は、言葉で感情を抑える力、他者との直接話す・聞く等のコミュニケーション力の不足が背景にある。こんな時代だからそこ、正しい日本語教育、とりわけ、話す・聞く力を培うことが喫緊の課題である。
     第二に、読書離れと活字離れが子どもの成長に大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。