教育方法学Ⅰ 1単位目 合格レポート 2011年度 明星大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数512
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 合格 レポート 451 教育方法学Ⅰ 1単位目

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題1
    我が国の教育方法の歴史をまとめた上で、今後の課題を整理せよ。
    問題解決学習について調べ、具体的な実践例を考えよ。
    講評
    教育方法の流れに関して、理解が得られました。ここ数年の動向なども整理しておくと良いでしょう
    具体的な面からも、検討が進められています。
    (1)江戸時代の教育は、手本を学ぶ、または真似ることが尊重され、代表するのが寺子屋である。寺子屋の教育は、「読み・書き・そろばん・礼儀作法・裁縫」と言われるが、中心となるのは手習いであった。この時期あたりから、学習者の興味や発達に応じる教育が実践されるようになった。
    明治期の教育は、教師が学習者に対して、教科書を使って一斉に授業を行う画一的な一斉授業であった。詰め込みであり、個性を尊重しない、教師や教材中心という点などで、批判を受ける場合も多い。
    大正期に入ると、大正デモクラシーや欧米の新教育運動の影響を受けて、新教育運動が見られ、それまでの画一的で注入主義の教育を批判し、子どもの個性や学力に沿った学習指導を目指したものがあった。子どもに思考させ、活動させながら主体的に学習内容を獲得していくような方法の開発が進められた。子ども..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。