教師論 1単位目2単位目セットレポート 2011年度 明星大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数899
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    583 教師論 合格レポート 1単位目、2単位目セットでお得 明星大学 通信教育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師論 1単位目
    1、教員養成の歴史について論述せよ。
    明治5年の「学制」より現行の「教育職員免許法」に至るまでの教員養成の歴史を「制度」と「理念」の面から考察する。
    講評
    教員養成の歴史が的確にまとめられています
    明治政府は、国の近代化を進めるために、教育の近代化を企図し、明治5年8月に「学制」を定めた。また「学制」頒布に先立つ同年5月に東京に教員養成を行う師範学校を設立した。翌年の明治6年5月に小学校教員としてどのような資格・能力が求められるかを「小学校教師心得」にて示した。このころは教育することは模範を示すことと考えられていた。また、欧化政策の一環としての教育政策が、知識・才芸の教育のみに傾斜していた。しかし、知識才芸を養う教育よりも仁義忠孝に基づく儒教的道徳教育を優先させる教育をわが国の教学の要とすべきとする「教学聖旨」が明治12年に下れ、明治14年6月に「小学校教員心得」が制定された。明治19年4月10日「師範学校令」が公布され、「順良信愛威重」の三気質を、教育すべき最重要課題として位置づけた。明治19年5月、「尋常師範学校・学科及其程度」が定められ、学科課程の基本的制度が定..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。