道徳教育の研究、1単位目合格レポート 2011年度 明星大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数594
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 道徳教育の研究 1単位目 合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の研究 1単位目
    道徳の意義とその教育の必要性について論述せよ
    2、明治以降のわが国の道徳教育の変遷について述べよ
    講評
    1、2つの必要性を中心によく検討されています。
    2、歴史の要点を示し、よくまとめられています。
    (1) 道徳は慣習や法と違い、内面を規制するものであるから、慣習や法が規制力を持たない領域、つまり精神面にまで規制力を及ぼすことができる。道徳の特色を3つに分けてあげると、第一に、道徳は、人間の生活や行動の内面、精神面にまで規制力を及ぼす。第二に、道徳は、原則として場所や時代が変わっても変化しない。第三として、道徳は、自覚的、主体的、自発的に従われるのでなければならない。
     道徳教育の必要性は、本来的な必要性と、現実的必要性の2側面に分けて論ずる。第一の視点、道徳教育の本来的必要性について。自分の欲求と相手の欲求が存在するとき、欲求が同じであるか否かにかかわらず、真の意味で他者の存在を認識し、双方の欲求を調整し、しかも、その調整の仕方が普遍性を持っているかどうかを確認した上で、最終段階の実践に移る。この普遍性のある調整の事を道徳という。また、今まで述べてきたことは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。