道徳教育の研究、2単位目合格レポート 2011年度 明星大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数644
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 道徳教育の研究 2単位目 合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の研究 2単位目
    道徳教育を成功させる方法の原理について述べよ
    現行の小学校学習指導要領における道徳教育の考え方について説明せよ
    講評
    1、4点について実践に即してさらに具体的に深めて下さい
    2、さらに「要領」を参照し、理解を深めましょう
    (1) 道徳教育を成功させる方法の原理は4つある。経験の重視、環境の整備、情緒の調整、師弟同行だ。
    経験の重視とは、教育の対象(被教育者)の経験を重視するということだ。児童や生徒の道徳性が養われるのは、日常の経験を通じて道徳的判断や実践をせずにはいられない場面に直面すること児童・生徒の生活場面において、最終的には自分で決断して行動する場面があり、それは典型的善とか典型的悪とかいわれるものは稀にしか存在せず、つまり、葛藤場面が多く、葛藤場面こそ真の道徳教育の機会であるから、そのような葛藤場面を含む経験を重視することだ。
    環境の整備とは、環境を生活体にとってよりよいものとして整え提供するという作業の事で、自然的環境と社会的環境がある。自然的環境としての整備状況を見ると、立地条件の劣悪な学校は多く、騒音公害、空気汚染やガス・灰に悩まされ、換気の配慮..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。