社会福祉士レポート(相談援助演習④)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,178
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    50点満点中45点をいただいたレポートです。事例については、私の仕事でのものなので、アレンジしてお使いください。ご参考までにどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     あなたがこれまで関わってきた人たちの中で、エンパワメントできた(または、できなかった)事例について、そのプロセスやアプローチの仕方等に言及しながらまとめなさい。
    ※事例に関してはその事例が特定されることのないよう十分配慮すること。
     エンパワメントアプローチとは、生活問題が生じる背景として、利用者と利用者を取り巻く社会システム間にパワーの不均衡状態があり、その積み重ねや悪循環が利用者の無力感を醸成し、問題解決をいっそう困難とさせている状況に介入する支援である。そこでは、利用者が自分自身に置かれた環境に対して批判的思考を持ちつつ、利用者や家族の情報提供やニーズ充足を通して利用者システムが知識や意識を高めることから、ソーシャルアクションまでをも含めた多次元の活動が行われることを意図している。
     以下、現在、私が、知的障害者のケースワーカーとして働いている経験の中での事例をあげ、考察していくこととする。
     軽度知的障害をもつAさんは、養護学校卒業後、4年間企業で障害者枠での就労を行っていたが、就労先が、関係会社と統廃合するため、Aさんがしていた仕事が他の会社に業務委託され、解雇となった。ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。