社会福祉士レポート(相談援助演習⑤)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,448
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    50点満点中40点をいただいたレポートです。ご参考までにどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会福祉士の役割」とは何か?自身の実践を踏まえて私見をまとめなさい。
    ※福祉現場以外の方は、「社会福祉士の役割」について自身の考えを自由にまとめなさい。
     1987年に制定された「社会福祉士および介護福祉士法」において、「社会福祉士」とは、「専門的知識および技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」と定義づけされている。つまり、社会福祉士は、高齢者や障害者など本人やその家族に対して、福祉に関する専門的な知識と技術をもって、相談に応じたり、指導、援助などを行うという重要な役割を担っているのである。現在、福祉に関する問題は、多様化している。その様な状況の中で、社会福祉士は「福祉界の総合職」と言われているように、これらの社会福祉問題を専門的な知識に基づいて、相談に応じ、適切な援助ができる人材として、非常に需要が高まっている。私が勤めている自治体では、近年、社会福祉職の採用が始まり、その中で社会福祉士としての専門性を求められるようになっている。以下、私が勤..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。