社会福祉士レポート(保健医療サービス)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数852
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    100点満点中88点をいただいたレポートです。ご参考までにどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     保健医療サービスにおける社会福祉士(医療ソーシャルワーカー)の役割、必要性について、地域医療連携という視点から述べよ。
     保健医療サービスにおいて、生活相談を行う社会福祉士と規定された医療ソーシャルワーカーは、保健医療サービスが利用者の生活の質の向上に貢献できるように、保健医療の専門職やその他関係者・機関とチームを組み、多職種と多機関連携を行っていく。医療ソーシャルワーカーの役割と活動の範囲は、医療ソーシャルワーカーの業務指針に提示されており、業務の範囲は六つに分類されている。①療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助②退院援助③社会復帰援助④受診・受療援助⑤経済的問題の解決、調整援助⑥地域活動である。
     以下、地域医療連携という視点から、医療ソーシャルワーカーの役割、必要性について述べていく。
     近年、地域医療の必要性が重要視されるようになったのは、ノーマライゼーションの考え方として、医療を必要とする人であっても、長期入院等により、社会と隔絶された状態にならず、地域で普通に生活する事を目的としている。また、制度面においても、近年の医療では、平均在院期間の短縮が求められている。これ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。