社会福祉士レポート(地域福祉の理論と方法①)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数804
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    50点満点中35点でしたが、ご参考までにどうぞ・・・。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     地域福祉における主要な人物と業績等を織り交ぜながら「地域福祉の変遷」について考察しなさい。
     ここでは、アメリカの社会福祉の歴史について社会福祉の形成時期から1960年代までについて述べていくこととする。
    (1)社会福祉の形成
    植民地時代の救貧制度は、母国イギリスの救貧法をそのまま導入したものであったが、イギリスと異なる点は、救貧法が国会ではなく、植民地議会において制定され、町単位で実施された点と居宅救護が中心であった点である。独立後もこれは基本的には変更されなかったが、1824年に、救貧院での収容救護と救貧行政単位を町から都に昇格することを骨子とした公的な救貧法がニューヨーク州議会を通過したことにより、その後の救貧政策は大きく転換した。
    1860年代から1920年代にかけて、アメリカ資本主義は急速な発展を遂げ、独占資本主義に移行したが、その影には貧困者の増大があった。ロンドンで始められた慈善組織協会(COS)が1877年に設立され、1892年までに全米の主要都市に92団体が設立された。
    セルツメント運動は、1886年にニューヨークの貧困居住地区に創設されたネイバーフッド・ギルドに始..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。