社会福祉士レポート(権利擁護と成年後見制度)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,120
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    100点満点中80点をいただきました。
    ご参考までにどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     わが国の成年後見制度の概要を述べたうえで、なぜ成年後見制度が導入されたのかについて私見を述べなさい。
     まずは、わが国の成年後見制度について以下、述べていく。
    成年後見制度は、高齢者や障害者等で判断能力が不十分なため、財産を管理する事が出来なかったり、契約の締結等の法律的な行為が困難な方々について、その不十分な判断能力を補い、損害を受けないように保護し、法律の面や生活の面で支援する制度である。
    成年後見制度は、法定後見制度と任意後見制度とに大別される。
    法定後見制度は、権限のある方からの申立により、判断能力が不十分な方のために、家庭裁判所が成年後見人等を選任し、成年後見人等に代理権や同意権の権限を与え、成年後見人等がその代理権や同意権を適正に行使する事によって、本人を保護する制度である。法定後見制度は、本人の判断能力の程度により、後見、保佐、補助の類型があり、それぞれ成年後見人、保佐人、補助人が本人を援助するものとして選任され、本人の判断能力に応じた援助を行う事になる。
    任意後見制度は、本人の判断能力がしっかりとしている段階で、判断能力が低下した場合に備えて、あらかじめ契約によって、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。