社会福祉士レポート(現代社会と福祉①)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,284
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    50点満点中40点をいただきました。
    ご参考までにどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「福祉多元主義」という考え方と、その中で福祉サービス供給の担い手とされている各セクターについて説明するとともに、現代の日本における問題である①ワーキングプア②老老介護③子ども虐待のうちどれか1つを選び、それぞれの問題について各セクターがどのような役割を果たすべきであるのかについて(あなた独自の判断で構いませんので)述べてください。
    福祉多元主義とは、福祉・保健サービスが、行政、ボランタリー(非営利事業)、営利事業、インフォーマル部門の四つの異なった部門から供給されるということである。
    各セクターについては、説明すると、行政(法定部門、公共部門)は、国や地方自治体が中心となって福祉サービスを供給するものである。
    ボランタリー(民間非営利部門)は、市場原理に基づくわけではなく、非常に組織化された形でフォーマルなものとして提供される福祉サービスであり、「特定の目的のために自発的に組織された機能集団」のことを言い、具体的には、社会福祉法人、NPO法人、生活協同組合、農業協同組合等を指す。
    営利事業(市場部門)は、株式会社や有限会社によって市場ベースで提供される福祉サービスである
    インフォーマ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。