社会福祉士レポート13(福祉サービスの組織と経営)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,606
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    100点満点中93点という高得点をいただいたレポートです。ご参考までにどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     今後期待される福祉従事者像について、「経営」の視点から論じなさい。
     本課題に対して、以下、福祉サービスにおける「経営」が求められるようになった流れを踏まえ、考察していくこととする。
    まずサービスの定義として、「サービスとは人間や組織体に、何らかの効用をもたらす活動で、そのものが市場で取引の対象となる活動である。」「『サービス』とは『人』『物』『システム』がその機能を働かせ、有用性を発揮する事」である。福祉の支援に「サービス」という言葉が定着する契機となったのはゴールドプランや福祉関係八法改正に代表されるように、在宅・施設を中心とした福祉サービス供給量の拡大と福祉サービス利用の一般化へ向けた流れによってである。誰もがサービスを利用できるようになってくれば世間一般の社会サービスと同じように価格が同じならばより質の高いサービスを当然のように求めよりよい施設や事業所を利用とする行動に出る。
    現在、福祉サービスは、行政や社会福祉法人が主体となって行うサービス、市場をベースとして供給されるサービス、NPOやボランティアなど地域の力や特性によって着目して提供されるサービスなど、多様な形でさまざま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。