包括的・総合的な援助と多職種連携について、ソーシャルワークの専門性に留意し、チームアプローチにおけるソーシャルワーカーの役割や機能について論じなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数3,065
ダウンロード数63
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士の通信講座の課題でしたが、50点満点中48点という高得点をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     包括的・総合的な援助と多職種連携について、ソーシャルワークの専門性に留意し、チームアプローチにおけるソーシャルワーカーの役割や機能について論じなさい。
    ソーシャルワーカーがソーシャルワークをすすめていく上での基本的な枠組みとして、「価値の総体」、「知識の総体」、「技能の総体」、「能力の総体」の「四つの総体」が援助者として体得していることが期待されている。また、ソーシャルワーカーが行うあらゆるソーシャルワークは、専門職の価値と倫理、専門的な知識、専門的な技術に根ざしており、これらはソーシャルワーカーの専門性を構成する重要な要素である。このような専門性を求められるソーシャルワーカーが、チームアプローチの中で、期待される役割と機能について、以下、チームアプローチの概念を述べた上で、考察していくこととする。
    現代社会では生活にかかわる問題が複雑になり、福祉サービスの利用者のニーズも同様に複雑化・多様化してきている。そのような環境の下、福祉の分野において一人の援助者だけでのサポートでは充分に対処できない場合もある。こういった際には個別支援ではなく、複数の援助者がチームを組んで対応するのが適切で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。