Z1104 教育社会学1 合格リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数750
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて
    学力の視点から述べてください。

    あくまで参考資料としてご利用ください。
    5~6ページ目は参考文献と脚註に使用しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    【1】学歴社会とは何か
     歴史的に見れば、学歴社会は近代社会の成立と密接な関わりがある。近代化のメルクマールのひとつは、属性主義から業績主義(メリトクラシー)への価値転換であった。家柄や門地などによってではなく、個人的能力や適性(業績)によって社会の中での地位が決まる、というパラダイムシフトである。日本においては、メリトクラシーは憲法で保障されている。すなわち、第14条「すべて国民は法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分、門地により、政治的、経済的又は社会関係において、差別されない」、および第22条「何人も公共の福祉に反しない限り、移住、移転及び職業選択の自由を有する」である。
    メリトクラシーの社会とは「個人が社会の中で何ができるのか」に重点を置く社会とも言いうる。しかし、的確にそれを測定することは極めて難しい。従って、個人の能力をある程度客観的に、少なくとも社会に対して一定の説得力をもち、簡単に示せるような指標が必要になる。学歴社会とは「成員の社会的・職..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。