Z1106 道徳教育の研究 科目最終試験 予想解答集(6題) 【新設題】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,410
ダウンロード数132
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度に出題されている設題です。
    あくまで参考資料としてご利用ください。

    ※設題が一新されていますが、それについてのTipsを4ページ目に書いています。
    よかったら目を通してみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1106 道徳教育の研究 科目最終試験 予想解答(6題)
    ※今年度から設題内容が大きく変わっています。設題の中には、その意図が(それを読んだだけでは)よくわからないものもあります。そうした設題についてのちょっとした説明を4ページ目に書いています。よかったら目を通してみてください。
    【設題】教育基本法の改正によって道徳教育はいかに変化したかについて述べよ。
     2006年、約60年ぶりに教育基本法が改正された。道徳については「教育の目標」において、「豊かな情操と道徳心を培う」の文言が特に定められた(第2条1)。道徳教育は旧法では規定されておらず、学習指導要領の中に位置付けられていたのみであった。従ってこの改正により、学校教育の中の道徳教育は、従来に比べて法規性が著しく高まったことになる。
     基本法の改正を受け、学習指導要領もあわせて改訂されている。そこでは、従来からの基本理念である「生きる力の育成」の継承が示される一方で、(1)公共の精神に基づき、社会参加とその発展に努める態度(2)生命・自然の尊重と環境保全に寄与する態度(3)伝統・文化の尊重と愛国心、郷土愛をもつこと(4)他国の尊重、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。