Z1312 教科教育法英語1 第1設題 リポート(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,207
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】音声学的教授法を唱えた学者を列挙し、箇条書きにまとめると共に、パーマー、クラッシェン、リトルウッドの教授法を論述しなさい。

    あくまで参考資料としてご利用ください。
    5ページ目は脚註と参考文献に使用しています。
    評価所見(A)は、「(1)簡潔にまとめられています。(2)パーマーのパラフレイズ考に言及して下さい。」でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    音声学的教授法を唱えた学者を列挙し、箇条書きにまとめると共に、パーマー、クラッシェン、リトルウッドの教授法を論述しなさい。
    【音声学的教授法を唱えた学者】
    (1)ヴィルヘルム・フィーエトル(Wilhelm Viëtor)
    ●従来の訳読式教授法に代わる、聴覚技能重視の直接教授法を提唱
    ●外国語は目標言語の発音・連語・構文を模倣して習得すること
    ●外国語の教師は、音声学の素養を身に付けること
    ●語彙は会話から習得すること
    (2)ポール・パシー(Paul Passy)
    ●IPA(International Phonetic Association)の創設者
    ●子どもの外国語教育に特に関心を抱く
    ●発音の教授に音声学的教授法を採用
    (3)ヘンリー・スウィート(Henry Sweet)
    ●視話法を改良し、organic notationを提唱
    ●「言語を学ぶ」とは「言語習得の諸困難を克服すること」と定義
    ●言語習得の困難さは外的諸困難(他言語との関係性)ではなく、内的諸困難(目標言語が本来有する不合理性)に起因すると主張
    (4)オットー・イェスペルセン(Otto Jespersen)
    ●初学者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。