P6304 英文学研究 第2設題 合格リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,194
ダウンロード数95
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題は「サイラスとキリスト教」です。
    あくまで参考資料としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    サイラスとキリスト教
     『サイラス・マーナー』は、主人公サイラスの回心を描いた作品である。長い不信の時期を経て、サイラスはラヴィローで再び”trust in God and man”(14)を取り戻す。それを促した最大の要因は、もちろんエピーとの愛情関係にあるが、回心を準備した背景には、ラヴィローの宗教的風土が不可欠な要素として存在している。
    ランタン・ヤードの信仰では、形式や偶然性が重んじられた。“The inhabitants of Raveloe were not severely regular in their church-going, and perhaps there was hardly a person in the parish who would not have held that to go to church every Sunday in the calendar would have shown a greedy desire to stand well with Heaven, and get an undue advantage over thei..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。