P6301 英文学史 リポート 第2設題 (A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数489
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。

    あくまで参考資料としてご利用ください。
    5~6ページ目は参考文献と脚註に使用しています。
    なお、評価所見(A)の内容は、「大変分かりやすくまとめられていました。」でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。
     ヴィクトリア時代とは、ヴィクトリア女王が統治した1837年から1901年の期間を指す。歴代最長の統治期間となったこの時代は、産業革命による経済の発展が頂点に達し、イギリス帝国の絶頂期と見なされている。イギリス社会は典型的な階級社会と呼ばれ、地主・貴族を中心とする上流階級、実業家・専門職などの中流階級、そしていわゆる労働者階級の3構造に分類される。産業革命による経済的繁栄を最も享受したのは中流階級であり、政治的にも、1832年の選挙法改正を契機として、彼らは国政に進出するようになる。加えて、産業革命による製紙術と印刷術の発達から、出版物が大量に、かつ安価に流通するようになると同時に、教育の普及から識字率が増加し、女性を含めた読者層が増加していった。要約するなら、中流階級が台頭し、政治と文学が彼らにも開放された時代と言え、ヴィクトリア時代の文学は、かくして中流階級を最大の読者層として展開するのである。その中で最も影響をもった分野こそ、小説であった。
     困難を伴う生涯が、ひとつの理想型をもって描写される、というのが、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。