P6302 米文学史 リポート 第2設題 (A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数563
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。

    あくまで参考資料としてご利用ください。
    5~7ページ目は参考文献と脚註に使用しています。
    なお、評価所見(A)は「良く出来ています」でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。
     「ロスト・ジェネレーション」とは、1920年代から1930年代にかけて活躍した、アメリカの作家たちを指す語である。第1次大戦(1914-1918)を、直接的、間接的に体験した彼らは、従来の価値観に懐疑的となり、自身の価値観を見直すためにヨーロッパへ「亡命」した。戦後の1920年代、彼らはアメリカに帰国し、創作活動を行うようになる。亡命の時期に、とりわけパリへ渡った作家たちが「ロスト・ジェネレーション」と呼ばれるようになったが、この言葉はガートルード・スタイン(1874-1946)がヘミングウェイ(1899-1961)に語り、彼が『日はまた昇る』(1926)の冒頭に用いたことで定着した。
     T.S.エリオット(1888-1965)の『荒地』(1922)は、戦後の荒廃したヨーロッパの精神的風土を象徴する詩である。
    「空虚の都市
    冬の夜明け、鳶色の霧の中を
    ロンドン・ブリッヂの橋の上を群衆が
    流れたのだ、あの澤山の人が、
    死があれほど澤山の人を破滅させたとは思わなかった。」(60-64)
    この世代に属する作家たちの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。