教育社会学1 A評価レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数242
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課程、教育社会学1のA評価レポートです。
    レポート作成の際、参考までにご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題
    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください」
     学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」のことを言う。一方で、高学歴社会とは単に高学歴者の多い社会のことを言い、このことから、「高学歴社会で非学歴社会」や「低学歴社会で学歴社会」も成立しうる。重要なことは、学歴社会は単に教育を重視する社会なのではなく、それ以上の意味が含まれるということである。(p.34)
     学歴社会の成立課程を見ると、日本では明治維新期にその始まりがある。「富国強兵」などに見られるように、明治政府は欧米へのキャッチアップを意図した国家目標を立てていた。そのために各分野における優れた人材を集める必要があったが、封建社会下における従来の教育・登用制度では、人材を質的・量的に安定供給することは不可能であった。よって、新たな人材養成及び登用のシステムが必要となった。そこで効率的なシステムとして当時考えられたのが学歴社会・主義だったのである。そこでは、学校という場にできるだけ広い諸階層の子どもを集め、一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。