教育相談の研究 A評価レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数406
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課程、教育相談の研究のA評価レポートです。
    レポート作成の際、参考までにご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    「学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい」
     カウンセリングとは、広い意味では人が日常生活を営む上で生じる悩みに対して相談や指導をすることであった。しかし社会構造が複雑化するにつれて人の悩みも多岐にわたるようになると、それには一定の知識や技術が要求されるようになり、今日一般に使われるカウンセリングの概念が出来上がった。その中でも学校カウンセリングは、非行やいじめ、不登校といった子どもの不適応行動が社会問題となるほどに根深い問題としてある中で、学校は教育機関としての役割だけでなく、子どもたちの心の問題に対応するカウンセリング的かかわりを求められるようになった結果として発展してきた。
     私たちの心について、フロイトはイド(生来持っている快楽を求める心)、自我(イドより分化し、自分の行動を決定する心)、超自我(外的な価値基準を内面化し、自我より分化する理想の姿を求める心)による三重の構造をなしているとした。心の発達においてはこれらがバランスよく発達していくことが望ましいが、その発達・成熟速度はばらばらであり、そのアンバランスさが不適応行動などの原因となる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。