聖徳大学「教育経営論」第1課題第3設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数112
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題第2設題
    教育経営を構成する三つの柱
    「教育経営」とは、教育の目標を効率的に達成するための諸条件を整備し、計画―実施―評価のサイクルに従って能率的に運営する営みの総称である。それは単に学校教育の経営だけを指すのではなく、社会教育を含む地域の教育サービスも視野に含めた教育活動全般の経営のことを指しており、現実的な教育のあり方を考える際にまずなくてはならない概念である。
    教育経営は三つの柱から構成される。まず一つ目が「教育行政」である。国および地方公共団体は、教育経営の制度的保障のために教育に関する法や制度を設定し、活動のための諸条件を「整備」する役割を担っている。戦前の日本においては、教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。