聖徳大学「基礎看護」第1課題第2設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数316
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第2設題
    姿勢と呼吸に関する看護のあり方
     「生活行動」とは、人間が成長、発達し、社会活動を営むための基本的な欲求を満たすために習慣化された行動の総称である。具体的には、食・排泄・清潔等の生命維持に関わる行動や、学習や発見をし、好奇心を満足させる等の人間的成熟に関する行動、そして他者とコミュニケーションをとる等の社会的関係を形成・発展させる行動などが相互に関連しあって構成されている。代表的な指標にヘンダーソンの理論で用いられた「14のニード」があり、それらの項目を満たすために人間がする行動が「生活行動」であるともいえる。
     通常、人は他者と相互依存しながらも自立してヘンダーソンの挙げた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。