聖徳大学「教職課程論」第2課題第1設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数202
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

           第2課題 第1設題
    1967年、イギリスで「プラウデン報告書」が公布され、主に初等学校における子ども中心主義教育への関心が高まった。子ども中心主義とは、子どもの自発性や個性、経験、興味、創造性などを重視する教育のことである。この報告書はアメリカでのオープンスクールの設立を初めとして海外に大きな影響を与えることになる。1988年の教育改革法によって制定された「ナショナルカリキュラム」では「クロス・カリキュラー・アプローチ」と呼ばれる教育法が示唆された。この教育法は、日本において「クロスカリキュラム」という呼称で実践され始める。クロスカリキュラムとは、従来型の教科別学習では解決できな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。