承継的共同正犯

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数364
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問:Xが強盗の手段としてAに暴行・脅迫を加えAを反抗抑圧状態に陥れた後、たまたま通りがかった友人Yが、その場の状況を把握した上で、Xと通じて共にAの財物を奪取した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問:Xが強盗の手段としてAに暴行・脅迫を加えAを反抗抑圧状態に陥れた後、たまたま通りがかった友人Yが、その場の状況を把握した上で、Xと通じて共にAの財物を奪取した。
    1、Yは、強盗目的のXの暴行・脅迫行為によってAが反抗抑圧状態になっているのを承知の上で、Xと意思を通じてXと共同してAの財物を奪取している。そこで、そのようなYに、Xとの強盗罪の共同正犯(60条、236条1項)が成立するか、いわゆる承継的共同正犯の肯否が問題となる。
    2、思うに、共同正犯の成立について定める刑法60条が「すべて正犯とする」と規定して、「一部実行全部責任」を認めているのは、共同実行の意思のもとに相互に他の共同者の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。